TEL.047-436-8280

診療時間:平日/10:00~19:30
休日/10:00~17:30
休診日:火曜日

『FCアスリート整骨院』院内
スタッフの紹介

院長

渡邉 正剛わたなべ まさたか
1989年10月02日 生まれ
千葉県松戸市在住
【資格】
柔道整復師,JFA公認C級コーチ
【趣味】
サッカー・フットサル・テニス・水泳・空手・スノーボード
映画鑑賞・音楽鑑賞・旅行(特に東北)
大自然を満喫すること

FCアスリート整骨院院長渡邉 正剛

院長から

FCアスリート整骨院 院長 渡邉 正剛です。
今、ご覧になっているあなたは、過去にケガをしたことはありますか?
小さいケガから大きなケガまで様々ですが、誰しもが経験するものだと思います。そんな様々なケガの中には病院にかかるほどのケガではない。大したことじゃない。
と、思っているケガもあると思います。果たして、本当に軽視しても大丈夫なケガですか?
大したことないと思っていたが、放っておいても腫れが引かず、病院を受診したら骨折していた。痛みは取れたけど、以前のように動かせないと思ったら、筋肉が断裂していた。など、意外と軽視している症状ほど、最悪な状態に陥っていることはよくあります。

私が学生の時もそうでした。サッカーをプレイ中、捻挫をしてしまったのですが、少し休めば大丈夫だろう。と捻挫をしては休息をとってプレーを続けていました。
一回一回は、軽度の捻挫だったのかもしれません。ただ、それを何度も何度も繰り返したら、捻挫が癖になってしまったのです。結果的に、靱帯の断裂を繰り返し、歩くことができない時期もありました。

小さなケガであっても正しい治療を受けないと、機能障害や骨の変形など伴う可能性もあります。ケガをしたら放ったらかしにせず、整骨院や病院で正しい治療・正しい指導を受けましょう。
ケガのことから、日常のケアのことまで、カラダのことであればなんでもご相談ください。